フローライトゴールド

フローライトゴールド

熟成を極めたフローライトゴールド

バイオテクノロジーによる共棲培養技術の進化

乳酸菌エキス フローライトをご理解いただいた皆様へさらなるご提案をいたします。

 

バイオテクノロジーによる共棲培養技術の進化

サンテクレアール株式会社の乳酸菌エキスは、独自による乳酸菌と酵母菌との共棲培養法によって得られた乳酸菌生産物質を抽出した熟成エキスです。 フローライトゴールドは、この共棲培養法を変えることなく、バイオテクノロジーを駆使した熟成技術を加えることによって、さらに上質な乳酸菌エキスを作り出し商品化したものです。

大豆オリゴ糖へのこだわり

大豆には健康維持にかかせない、大豆オリゴ糖とよばれる成分がおよそ3~5%ほど含まれています。 乳酸菌エキスの共棲培養法には大豆が培地として利用され、大豆は乳酸菌エキスを生成する過程で、乳酸菌をより多く増やす重要な素材として利用されてきました。 フローライトゴールドは、共棲培養法の熟成技術を高めることで、自然からとれた大豆オリゴ糖を生かすことにこだわりました。

共棲培養とは

共棲培養とは、異種複数の菌を一緒に培養することです。 つまり、菌の習性(同種同士が集合して増殖し、他種と争う)を上手く利用し、乳酸菌と酵母菌が出した代謝分泌液を大豆の培地で培養することによって、さらに良質な分泌液を作り出すことです。

乳酸菌は大きく分けて球菌(丸い菌)と桿菌(かんきん=棒状の菌)があり、酵母菌は数多くの種類があります。 共棲培養法と一言でいいますが、お互いを高めあって確実に増殖するためには、乳酸菌同士の相性、さらには酵母菌との相性も熟慮した上で行わなければなりません。

サンテクレアール株式会社の乳酸菌エキスは、独自による乳酸菌と酵母菌との共棲培養法によって得られた乳酸菌生産物質を抽出した熟成エキスです。

 

アミノ酸がペプチドであることへのこだわり

大豆には健康維持にかかせない、大豆オリゴ糖とよばれる成分がおよそ3~5%ほど含まれています。 乳酸菌エキスの共棲培養法には大豆が培地として利用され、大豆は乳酸菌エキスを生成する過程で、乳酸菌をより多く増やす重要な素材として利用されてきました。 フローライトゴールドは、共棲培養法の熟成技術を高めることで、自然からとれた大豆オリゴ糖を生かすことにこだわりました。

 

フローライトゴールド

【乳酸菌エキス】
■ フローライトゴールド

【1本300ml入】
メーカー希望小売価格

32,000円(消費税込)